about BBS

行動に基づいたセーフティマネジメントとは

安全習慣という文化を構築するための手法 =BBS(組織行動セーフティマネジメント)

日常生活から職場、家庭、通勤通学の途上など、あらゆる場面において、人間が行動する際には、危険の生じる可能性があります。 危険とは、簡単なミスから命に関わるような深刻なものまで、大小はさまざま。危険が起こりうる要素をあらかじめ排除することで、安全は確保できます。

そこで昨今、特に注目されているのは「BBS」。
行動に基づいたセーフティのことで、安全性に関わるすべての行動を管理できるようにするプロセスのこと、を言います。 BBSを学ぶことにより、危険の生じる可能性がある行為の解消のため、危険な行動を計画的に減らし、安全を確保する行動を増やすことができます。

greeting

代表者ご挨拶

代表理事 石田淳

高度の技術革新は、私たちに快適で安全な労働環境をもたらしてくれています。
しかしながら、日々のニュースから流れてくるものは、決して他人事ではありません。ちょっとした事故やトラブルによって日常生活が劇的に変わってしまうようなものが多く、いつ、どこで、自分の身に降りかかるかわからないという危機感を持たせてくれます。情報公開が進んだ近年、たとえ小さな事故や本人1人だけの不始末であったとしても、瞬時に広く世間に報道されます。それだけではなく時には事実と異なった形で伝えられ、その人物が所属していた組織そのもののイメージダウンにつながる場合もあります。